じっくりと時間をかけて比べて、選ぶ。

こんばんは。 お肌とメイクの専門店、TAMANOです。

昨日ご来店いただいたお客さま(Sさま40代)。
資生堂を大変ご愛用いただいておりまして、
資生堂のファンの一人として販売員として大変嬉しいですヾ(´ω`=´ω`)ノ。

ファンデーション、ぴったりのを見つけたいわ」と
3月下旬に一度目のご来店。
今回はファンデ選びで2回目のご来店です♪

店長玉野から見ますと、
今日つけているお肌色は



✔ちょっと疲れて見える
✔ちょっと粉っぽく見える

なぜか
このなぜか?が大事なんですよね。

・ファンデの色
・素肌の状態
・お悩みのカバー力
・ファンデの質、タイプ
などなど様々な要素が絡みます。



素肌×下地×ファンデ
この3つの要素を考えてアイテムを選ぶのが

自分にぴったりのファンデを見つける」のに
とても大事なことだと思います。

さて、Sさまのお顔で早速「ぴったりファンデ」を選びます。

右側・・・いらっしゃった状態
左側・・・ベネフィーク リキッドファンデーションOC20とつけ比べてみました。

『左の方がキレイ! おなじ資生堂のOC20なのにっっ!!!』

昔からOC20だから、これでいいと思っていた!!!!

そうなんです。
同じメーカーなのに、ブランドが違うと、色味が若干違うんです。

IMG_0648

例)パウダーファンデ 
 左)マキアージュ 右)ベネフィーク


玉野の個人的見解・経験から言いますが
夕方になるとお肌が疲れて見える⇒ベネフィークをお試しする価値あり!です。

マキアージュ(dプロも)と比べると、
ベネフィークには若干ピンク味が入っていると思います。



ですので、お肌がくすむ(乾燥・皮脂)という方のお肌を
ほんのりピンクの明るい肌にしあげてくれるなので、 
キレイに見える! ということです。

IMG_0634

 Sさんのお肌に、ここにある計4種を試させていただきました。

リキッド2色、クリームファンデ ⇒ベネフィーク
エマルジョンタイプ ⇒カバーマーク

同じブランドでも質感(タイプ)の違い、色味の違いで「自分の肌がどう見えるか」
違うブランドであればなおの事違いが出てきます。

大事なのは

・ご自分のお肌の状態の把握
・お肌悩みの把握

ここから、最適だと思わるファンデを
実際につけてみる

これが 自分にぴったりのファンデを見つけるのに、
とても大事なことだと思います。

ぜひご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA