キツい印象⇒やさしい印象へ。眉の描き方お稽古

 

日本人の95%が”難しい”と感じているというパーツ。

眉が大事ってわかっているけど、これでいいの?

多くの方がそう考えてます。

「化粧水のお稽古」「ファンデのお稽古」をされてきたCさま。

今回は「眉」のレッスンです。

ショートヘアがお似合いで、目もと・口元に優しさを感じるCさん。

でも「近寄りがたい雰囲気があるようで・・・
とご自分で思っていらっしゃいました。

 そのイメージ、どこが原因? 

☑幼く見えてしまう・・・・

☑大事なプレゼンがあるから頼りがいあるようにみせたい・・・

☑性格がキツく見られる(ほんとはそうじゃないのにw)

大事なことは「なぜそう見えるのか?」ということです。

それは顔のバランスなんです。

〇顔の長さ(横幅と縦幅の比率)
  〇目、口、鼻の形(曲線?直線?)
  〇骨格感(曲線?直線?)

そして
〇眉の形
  〇目と眉のスペース

と見ていき、自分のお顔のバランスがどうなっているか、知ることが大事です。


【Cさんのお顔立ち分析】

〇顔の長さ(横幅と縦幅の比率)
   ⇒やや縦が長く、ほおのスペースを感じる

  〇目、口、鼻の形(曲線?直線?)
  ⇒目、口、鼻と曲線を感じる

〇骨格感(曲線?直線?)
 ⇒顎はややシャープだけど卵型、立体的

〇眉の形
   ⇒角度がある

  〇目と眉のスペース
⇒目頭の部分は狭く、目尻側は広い

と分析しました。

分析してわかる、わたしの素顔のイメージ

こう分析するとわかりました、Cさんが「近寄りがたい」と見える理由。

それは「眉の角度」「目と眉のスペース」なのでした。

この理由が分れば、あとは「どこをどう描けばいいか」という段階に進みます。

目頭と眉頭・・・狭い⇒眉頭は上部に薄く描く
黒目&目尻と眉・・・広い⇒目の高さと眉との間のスペースを1:1に調整

これが、Cさんが「優しい」印象にするための眉のポイントです。

理想の眉を描くために”わたしに必要なアイテム”を見つける

Cさんはペンシルタイプの眉ペンをお持ちでした。

しかし、眉尻は剃ってしまっているので眉が無いよう状態。

そこを、描こう、描こうとするとどうしても濃くなってしまい、
 眉の印象が強くなってしまう

そんなジレンマ。

描く回数(眉アイテムを動かす動作)が増える度に線が増え、それが強い印象になってしまう。

であるならば、描く回数が増えても濃くならないパウダータイプというのが選択肢に入ってきます。

ペン(ブラシ)を重ねても、ペンシルほどはっきりとした線にならないパウダータイプを手に取り、
「優しい」印象に見せるための眉を描いてみます。

 ☑最初にブラシを置くところ
 ☑次に描くところ
 ☑薄く仕上げるところ

を確認しながら、描いては消して描いては消してを繰り返し、ご自分で描けるようにお稽古(レッスン)します。

約1時間で完璧に仕上げることは正直難しいことだと思うのですが

①なぜわたしはキツく見えるのか、顔全体と自眉の分析
②どこをどう足したらやさしく見えるのか
③①②の知識を踏まえて、アイテムを使いこなす

この知識と実践をこなすお稽古を一度体感することで、
毎日の眉メイクを考えながら描くことができます

「理想の眉が分かった!」
⇒今日はうまくいかなかった・・・
⇒明日はココを注意して描いてみよう

来店するたびに、眉の確認。だからうまく描けるようになる!

一度お稽古をしていただいたら、次回ご来店時に、
 店長たまのが確認をさせていただきます(無料)

眉の太さや濃さなど、ちょっとしたアドバイスをさせていただきます。

半年に一度は、再お稽古(1,000円+税)をされるのがオススメです。

『なぜ、ここを描くのか』
これの再確認とクセがどうしても出てしまうので
再お稽古を半年に一度オススメします

わたしの顔分析、肌を知りたい!

そんな方は「体験コース」をぜひお申込み下さい♪



LINEお友だち募集中です♪
美肌の情報、最新情報など
お友だちだから’いち早く’お伝えします♪
LINEで肌測定・エステのご予約もできます。 友だち追加

各種QRコード決済、クレジットカードでお買物いただけます♪
10月の増税後、当店ではキャッシュレス支払いをされますと 5%ポイント還元となります(申請中) 支払各種 ※後日決済事業者からお客さまへ還元されます。
増税後もお得にお買い物くださいませ♪。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

わたしの'キレイ'を見つける、'キレイになる'

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA