紫外線防止表示について

こんにちは。大崎市古川のメイク&スキンケアレッスンTAMANOのコスメコンシェルジュちさえです。

今日は、紫外線防止表示について、ご説明いたします

今使っている日焼け止めは SPF50+・PA+++と表示されいます

お肌と体に悪影響を及ぼす紫外線。
その紫外線のUV-BUV-Aからどのくらいの時間肌を守ってくれるか、という数値なんです。

SPF/PAの表示の意味すること

SPFはB紫外線から肌を守るチカラ

 SPFは(Sun Protection Factor)で紫外線B(UV-B)から肌を守る効果の数値です

 UV-Bは短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなる紫外線です。
1~50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUVーB波に対する防御効果が高いことを表しています。

紫外線に当たってから日焼けするまでは、個人差はありますが一般的に20分ほどと考えられています。
その時間をどのくらい遅らせられるかを示しているのがSPFの数値なんです。

SPF30であれば、20分の30倍の約600分(10時間)SPF50なら50倍の約1,000分(16時間超)遅らせることができるということです

PAはA紫外線から肌を守るチカラ

プロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UV-A)の略で、「UV-A防止効果指数」とも呼ばれます。
日焼け以外にも、シワやたるみの原因にもなる紫外線A波(UーVA)の防止効果を示すものです。

PAはSPFと同じく「素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を測定して決めているのですが、SPFは肌が赤くなるまでの紫外線量であるのに対し、PAは「黒斑が確認されるまでの紫外線量」を比較しています。

そして数値ではなく、プラスの数で強さが表記されています。

・「PA+」……UVA防止効果がある
・「PA++」……UVA防止効果がかなりある
・「PA+++」……UVA防止効果が非常にある
・「PA++++」……UVA防止効果が極めて高い



LINEお友だち募集中です♪
美肌の情報、最新情報など
お友だちだから’いち早く’お伝えします♪
LINEで肌測定・エステのご予約もできます。 友だち追加

各種QRコード決済、クレジットカードでお買物いただけます♪ 当店ではキャッシュレス支払いをされますと5%ポイント還元となります 2020年キャッシュレス支払い一覧 ※後日決済事業者からお客さまへ還元されます。
お得にお買い物くださいませ♪。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です