眉アイテムの種類と選び方のポイント

大崎市古川のメイクアドバイザー、たまのです。

今回は 眉アイテムの種類とその特徴、そしてこんな眉の方にお試しいただきたい、いう観点でお伝えしていきます

アイブローのタイプ

ペンシルタイプ  

このような自眉の方におススメ
➡程よい毛量の眉、描くスペースがそんなに多くない眉、隙間を埋めるくらいで済む眉

こんな眉を描きたい場合にオススメ
➡自然な眉、きりっとした眉、すっきりとした眉

   芯の形状に様々な種類があります
    ・細い丸
    ・木の葉型
    ・斜めカット
    ・鉛筆型

   色も豊富
    ・グレー
    ・ダークブラウン
    ・ライトブラウン
    など
   ※ブランドにより若干色味に違いがあります

パウダータイプ

このような自眉の方にオススメ
➡眉を描くスペースが広い方

こんな眉を描きたい場合にオススメ
➡自然な眉、ふんわり眉

マスカラタイプ

このような自眉の方にオススメ
➡髪色と眉色の差がある方、眉に白いものが出ている方

こんな眉を描きたい場合にオススメ
➡おしゃれな眉、髪色とあった色の眉

リキッドタイプ

ような自眉の方にオススメ
➡汗などで眉が落ちやすい方

こんな眉を描きたい場合にオススメ
➡立体感のある眉、汗で落ちにくい眉


と当店のような小さな専門店でもこのように数種のアイブローがあります。
そしてそれぞれに数色もあるわけです。

アイブローを失敗しないで選ぶ方法

それは、ずばり!

描いてみて(試してみて)から選ぶ

これしかありません。

YouTubeで取り上げられたろうが、友人がオススメしていようが
「私の眉」「私の筆圧」「私の目指す眉」はほかの人とは違うんです。

例えば、マキアージュの3種のアイブローで眉を描いてみました。

左:アイブロースタイリング 1,800円(+ケース 700円)
中:ラスティングフォギーアイブロウ 900円(+ホルダー&ブラシ 1,200円)
右:ダブルブローペンシル+パウダー 1,800円(+ホルダー&チップ 1,200円)

 仕上がりが違いませんか?

✓ 土台(紙)は一緒。
✓ 描く力加減も一緒。
でも
✓ アイテムが違うと 全く違う仕上がり になるんです。

つまり

自眉 
× 
テクニック 
× 
アイテム

によって、描きあがる眉が決まる!ということなんです。

まとめ

 ●自分の眉の特長を把握する
 ●どこをどう描いたら、理想の眉になるのかという”知識”を習得する
 ●その知識を生かして、実際に描いてみるいろいろ試してみる

これが、私にぴったりのアイブロー選び方のポイントです。



【合わせて読みたい】


なぜ眉が大事なのか、知っておきたい基礎知識
  ➡ なぜメイクの中で眉が大事なのか

左右対称に描けないとお悩みの方に
  ➡  眉を左右対称に描けるための4つのポイント

理想のわたしと今のわたしの差を埋める第1歩
  ➡  わたしに似合う眉の見つけ方

眉を描くのに必要なのはテクニックではなく〇〇
  ➡ 技術は二の次。眉を描くのに必要なコト



LINEお友だち募集中です♪
美肌の情報、最新情報など
お友だちだから’いち早く’お伝えします♪
LINEで肌測定・エステのご予約もできます。 友だち追加

各種QRコード決済、クレジットカードでお買物いただけます♪ 当店ではキャッシュレス支払いをされますと5%ポイント還元となります 2020年キャッシュレス支払い一覧 ※後日決済事業者からお客さまへ還元されます。
お得にお買い物くださいませ♪。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA