知っておきたい基礎知識「寒暖差疲労」

 おはようございます。 本日は天気が良すぎますよね~。真夏日!
 
 今日から冷房をいれなきゃな、とお考えの方もいらしゃるのではないでしょうか?

 冷房は嬉しいけど、お肌の乾燥が・・・

 室内は涼しいけど外は暑い。

 家に帰ると、いつもより疲れている。。。。そんなことありませんか?

 それは寒暖差疲労と言われるものなんです。

寒暖差疲労とは

  身体が大きな気温差に対応しようとるすことで、エネルギーを消耗して疲労が蓄積した状態を指す、気象病の一種。
日ごとの寒暖差が激しい時季や、冷暖房の効いた屋内と屋外の気温差が大きい時季に現れやすい。

  主な症状は身体の冷えや肩こり、食欲不振、めまい、だるさ、頭痛などだが、悪化すると慢性的な冷え性や自律神経失調症に繋がる恐れもある。

 というものです。

「寒暖差疲労」の症状

 ◎自律神経バランスの乱れ
 ◎血行不良 肩こり
 ◎免疫低下 倦怠感・体調不良・風邪
 ◎食欲不振 (B1、ミネラル類などの不足)
 ◎内臓・身体の冷え(冷たいものの飲食による)
 ◎睡眠不足(疲労の蓄積)
 ◎エイジングサイン(しわ・たるみ・ほうれい線)
 ◎バリア機能低下(肌荒れ・乾燥)
 ◎角層の重層化(くすみ・毛穴の目立ち)

寒暖差疲労を感じるメカニズム

 気温差ストレス⇒対応するために過剰にエネルギーを消費⇒めぐりが悪くなる。
   
     このような流れで、冷えが深刻化したりお肌や体の様々な不調が出てきてしまいます。

お肌・身体の不調の要因
①気温差

 寒暖差疲労が起きやすくなる気温差は「5℃以上」だと言われています。

 ◎三寒四温
 ◎室内と屋外の気温差
 ◎室内でも、浴室と室内の気温差

この気温差に、ヒトの体が対応不可能になるので、自律神経が乱れ血液循環が滞りことで、疲労の蓄積や肌悩みが引き起こされるのです。

要因②自律神経バランスの乱れ

 寒暖差が激しいと自律神経が乱れて血液循環が悪くなります。
 そして活性酸素が増え、疲労物質の蓄積により体調が崩れてしまいます。

要因③毛細血管の減少(ゴースト血管)

 UV-Aは毛細血管を減少させることがわかってます。
 それにより身体・皮ふのすみずみに体温や栄養素がいきわたりにくくなり、老廃物の代謝も悪くなってしまいます。

  ⇒参考 皮膚老化において重要な役割を担う血管・リンパ管(資生堂リサーチセンター

要因④肌のお疲れを加速する紫外線の影響

 

UVーAの影響
 ◎糖化・カルボニル化
 ◎コラーゲン・エラスチンダメージ
 ◎繊維芽細胞にもダメージ
 ◎活性酸素を発生

UV-Bの影響
 ◎短時間でサンバーン(炎症)
 ◎サンタン(皮ふの黒化)
 ◎DNA・細胞の損傷
 ◎免疫細胞へダメージ
 ◎活性酸素を発生

赤外線の影響
  ◎メラノサイトの異常活性(しみ)
 ◎しわ酵素「ゼロチナーゼ」の増加(しわ)
 ◎コラーゲン分解酵素の増加(しわ・たるみ)
 ◎コラーゲンの産生低下(しわ・たるみ)

 今日からできる「寒暖差疲労対策


 ◎お肌をしっかりと潤わせる
 ◎お肌をしっかりと紫外線から守る
 ◎リラックスタイムをつくる
 ◎血液循環を良くする


 これがご自分でできる対策かと思います。

 毎日を快適に過ごしましょう!


LINEお友だち募集中です♪ 美肌の情報、最新情報など お友だちだから’いち早く’お伝えします。 LINEで肌測定・エステなどのご予約もできます ↘をクリック 友だち追加
各種QRコード決済、クレジットカードでお買物いただけます♪ 10月の増税後、当店ではキャッシュレス支払いをされますと 5%ポイント還元となります(申請中) ※後日決済事業者からお客さまへ還元されます 増税後もお得にお買い物くださいませ♪。
キレイのお稽古 (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA